芭蕉の旅の行程

芭蕉イラスト

元禄2年4月21日(新暦6月8日)

 心もとなき日かず重なるままに、白河の関にかかりて、旅心定まりぬ。いかで都へ便り求めしもことわりなり。 中にもこの関は三関の一にして、風騒(ふうそう)(ひと) 心をとどむ。秋風を耳に残し、紅葉を俤にして、青葉の梢なほあはれなり。卯の花の白妙に、茨の花の咲きそひて、雪にもこゆる心地ぞする。 古人冠を正し、衣装を改めし事など、清輔の筆にもとどめ置かれしとぞ。

 卯の花を かざしに関の 晴れ着かな
                   曽良

落ち着かない旅の日々が重なっていくにつれて、旅を続けようという気持ちが揺るぎないものとなった。

江戸を発ってから二十日あまり、芭蕉は念願の一つ、奥の細道の旅の第一関ともいうべき白河の関を越して、まずホットした気持だっただろう。昔は白河に関を以って「あづまの国」と「奥の国」との境としたのであるから、この関を越えてから奥の細道の旅は本舞台となる訳です。

何とかしてこの素晴らしい景色を都へ知らせたいと、機会をさがしたという昔の人の話しも当然だ。沢山の関所の中でもこの白河に関は奥羽3関の1つであって、風雅に心をかけている人が心を寄せて和歌を詠んだりしている、有名な歌枕のちである。能因法師が「都をば霞と共に出でしかど秋風ぞ吹く白河の関」と詠んだ秋風を聞いて、源頼政が「都にははまだ青葉にて見しかども紅葉散りしく白河の関」と詠んだ紅葉の姿を面影に浮かべながら、目の前の青葉の梢はしみじみと感じられる。今は卯の花が真っ白に咲いていて、そこに茨の花が咲き加わって、まるでまるで雪の中を越えていくような気持がする。

古人、竹田大夫国行がこの関所を越えるとき、能因法師の名歌が詠まれたこの歌枕の地に敬意を表して、冠を冠り直し、衣装を改め直したことなど、清輔の筆でも記し置かれたということだ。

曽良は、自分にはそのような晴れ着の用意はないので、せめて辺りに咲いている卯の花をかざしてこの関を越えようと詠んだ。

 とかくして、越え行くままに、阿武隈川を渡る。左に会津根(あいづね) 高く、右に岩城・相馬・三春の庄、常陸・下野の地をさかひて山つらなる。影沼といふ所を行くに、今日は空雲りて物影うつらず。

須賀川の駅に等窮(とうきゅう) というものを尋ねて、四五日とどめらる。 先づ、「白河の関いかに越えつるや。」ととふ。「長途の苦しみ身心つかれ、かつは風景に魂うばはれ、懐旧に (はらわた)を断ちて、 はかばかしゅう思いめぐらさず

  風流の 初めやおくの 田植えうた

 無下にこえんもさすがに。」と語れば、脇・第三とつづけて、三巻となしぬ。

この宿の傍らに、大きななる栗の木陰をたのみて、世をいとふ僧あり。橡ひろふ太山かくやと閑かに覚えられて、ものに書き付け侍る。 その詞、
栗といふ文字は西の木と描きて、西方浄土に便りありと、行基菩薩の一生杖にも柱にもをこの木を用ひ給ふとかや。

  世の人の 見つけぬ花や 軒の栗

 ついに白河の関を越え、奥州に踏み入った。阿武隈川を渡り、会津磐梯山を左に眺め、須賀川の宿で商人で俳人の等躬に会って4,5日滞在した。

 等窮に「白河の関をどのように越えましたか」と尋ねられたので、「長旅の苦労で心身ともに疲れ、一方では風景に心を奪われ、昔の話に腸を断ち切られるほどの感動を受けて、しっかりと発句を作る気持ちになれませんでした。 耳にした田植え歌が風流を味わう最初の出来事でしたという句を作った」と答えた。そこで、この発句をもとに脇句(第2句)、第3句と続けて、3巻の連句としてしまった。

この宿場のそばに大きな栗の木陰を頼りとして、世俗を嫌って暮らす僧侶がいた。西行法師が「橡拾ふ・・・」と詠んだ深山もこのようであろうかと、閑な暮らしぶりだと思われて、紙に次のような句を書き付けた。
世俗の目にとまらない花だなあ、この栗の木は、この僧侶と同じように。

 

筆者の旅の行程

私の顔

平成24年9月13日(木)

  • 04:50 起床
  • 05:40 自宅出発
  • 05:55 土気駅発上り普通電車

        土気駅にて

  • 06:15 千葉駅着
  • 06:22 千葉駅発快速久里浜行
  • 06:52 錦糸町着、中野行に乗り換え
        今日は快晴でスカイ・ツリーがすっきり
        見えた

        東京スカイツリー

  • 07:08 秋葉原乗り換え
  • 07:12 上野駅着
  • 07:30 上野駅公園口駐車場集合、バスで出発
        講師:鈴木先生、TD:鈴木さん
        参加者:28人 気温:既に29°C

        東栄観光バス

  • 09:15 東北自動車道大谷PAで15分トイレ休憩
  • 10:15 白河ICで東北道降り、県道184から国道
        294(旧奥羽街道)へ右折して下野の国方
        面に南下する
  • 10:30 境の明神に到着、下野側の玉津姫神社と
        陸奥側の住吉神社を参拝
  • 11:07 旗宿に向かう途中、庄司戻しの桜を通過。
        信夫の庄司佐藤元治が、源義経の平家追討
        の拳兵に参加する息子継信、忠信を見送っ
        て白河の関まで来たという伝説がある。

        

  • 11:15 白河神社前駐車場に到着
  • 11:20 白河神社境内散策、神社に参拝
  • 11:45 白河関の森公園前の売店で昼食
  • 12:30 白河関の森公園駐車場を出発
  • 12:50 白河市街に入り宗祇戻しの碑に到着
  • 13:00 白河駅前を通り、東北自動車道で須賀川へ
  • 13:45 須賀川市立博物館に到着
        館長さんに芭蕉が須賀川を訪れた頃の当地
        の俳人たちのお話を聞く
  • 14:35 芭蕉の足跡を辿って須賀川市街を散策
        十念寺、須賀川城址、亜欧堂田善宅跡、
        諏訪明神、長松院(等窮の墓)、
        芭蕉・曽良石像、等窮宅跡、軒の栗庭園
        可伸庵跡、を訪ねた後芭蕉記念館に向かう
  • 15:50 芭蕉記念館で休憩、奥の細道の話しを聞く
  • 16:10  芭蕉記念館をバスで出発
    16:28 乙字ヶ滝に到着し、辺りを散策
  • 16:45 乙字ヶ滝を出発、帰路に着く
  • 17:00 須賀川ICより東北自動車道にのる
  • 18:05 大谷PAで15分のトイレ休憩
  • 20:10 上野駅公園口駐車場に帰着
  • 20:37 東京駅京葉線廻り外房線直通電車に乗る
  • 21:36 土気駅帰着、家内のピック・アップで帰宅
芭蕉の足跡を辿って長兵衛が詠める

  卯の花も 終わりて暑し 関の森

 

  二所の関 決め手は 森の冷気かな

 

  句碑の数 郷土の誇り 秋の街

 

  句碑残る 梢の陰や 秋の蝉

 

  軒の栗 育ちて黙す 庵あと

 

 

白河の関から須賀川までの写真説明

写真をクリックすると、拡大写真が現れ、「next」ボタンでスライド・ショウにして見ることも出来ます。

旧奥羽街道の県境
旧奥羽街道の県境

ここは旧奥羽街道の下野と陸奥の国境で、現在も栃木県と福島県の県境となっている。私たちは芭蕉とは逆に福島県側から南下した。

下野側の玉津姫神社
下野側の玉津姫神社

下野側の玉津姫神社の社殿は明治39年に火災で焼失し、今は鳥居だけが立派に残っているが社殿は当時の面影はない。

住吉神社
陸奥側の住吉神社

陸奥の国側の住吉神社は芭蕉と曽良が訪れた当時の立派な面影を残していた。

芭蕉の句碑
社殿奥に建つ芭蕉の句碑

  風流の 初めや 奥の田植え歌 
残念ながら、句の文字は殆ど判読出来なかった。

白河神社駐車場の案内板
白河神社駐車場の案内板

バスは白河神社の駐車場に到着し、私たちは徒歩で白河の関跡の白河神社の境内の森の中を散策後、神社に参拝した。 白河や松島で句を残さなかった理由に就いては、中国の文人の姿勢「景にあうては唖す(絶景の前では黙して語らず)」に感化され、 意識的に本文に句を示さなかったとする見方もある。

白河の関跡
白河の関跡

白河関跡は芭蕉がかねてから憧れた歌枕の地であったにも拘わらず、芭蕉は松島と同様一句も残していない。代わりに奥の細道には曽良の句を載せている。   

 卯の花を かざしに関の 晴れ着かな
                   曽良


古関蹟の碑
古関蹟の碑

江戸期に入り殆ど廃絶された状態にあった白河の関の所在は白河藩主松平定信によって調査され、寛政12年(1800)白河の関はこの旗宿の地であると認定されてこの石碑が建てられた。

奥の細道碑
奥の細道碑

森の中少し坂を登ったころに「おくのほそ道」の白河の関の章段を刻む石碑があった。
心許なき日かず重るまゝに、白川の関にかゝりて、旅心定りぬ。いかで都へ便り求めしもことわりなり。

空堀の跡
空堀の跡

この関は所謂国境などで通行人を改める関所ではなく、蝦夷に対する防御柵であったので、空堀跡も築かれていた。

白河神社拝殿
白河神社拝殿

白河神社は2世紀には創建されていた古い神社で二所の関明神とか関の明神と呼ばれていた。二所の関とは白河の関の別名であった。

古歌の石碑
古歌の石碑

拝殿の左手に平兼盛、能因法師、梶原景季が白河の関を詠んだ古歌の石碑が建っていた。


たよりあらば いかで都へ 告げやらむ
 今日白河の関は越えぬと  平兼盛


都をば 霞とともに立しかど 
 秋風ぞ吹く 白河の関   能因法師


秋風に 草木の露を はらわせて
 君がこゆれば 関守もなし 梶原影季



芭蕉と曽良の銅像
芭蕉と曽良の銅像

白河森公園の入口に芭蕉と曽良の銅像が建っていた。私達はその前の売店で昼食のお弁当を摂った。それにしてもこの日は暑い日であった。

白河の関一帯の景色
白河の関一帯の景色

白河の森公園一帯は緩やかな山に囲まれた大変のどかな盆地で、芭蕉が”心もとなき”と書いたとは異なって、のどかな風景であった。



宗祇戻しの碑
宗祇戻しの碑

旧関街道を白河市街に向かって行くと連歌師宗祇の「宗祇戻し」の記念碑が建っていた。これは宗祇が連歌会で当地を訪れた際の綿摘み女性との伝説を記念するものだそうです。

宗祇戻しの碑の隣に建つ芭蕉句碑
宗祇戻しの碑の隣に建つ芭蕉句碑

宗祇が当地の女性の上手な歌に恥じて京都に戻って行ったという「宗祇戻し」の記念碑に並んで芭蕉の句碑も建っていた。
    早苗にも我色黒き日数哉


須賀川博物館
須賀川博物館

白河から東北自動車道に乗って須賀川にやって来た。須賀川では真っ先に市立博物館に寄って館長さんのお話を聞いた。芭蕉と相楽等躬の関係、8日間の滞在中、地元俳人達と開いた2回の連歌会のこと。市原多代女のこと、銅版画師亜欧田善のこと等大変参考になった。

 

須賀川博物館前庭の芭蕉句碑
須賀川博物館前庭の芭蕉句碑

須賀川市立博物館の前庭に建つ芭蕉句碑は元々阿武隈川の乙字ヶ滝岸辺にあったが、洪水で流された後川底から回収されたものだという。
 五月雨に 滝降りうづむ みかさ哉
この句は曽良の「俳諧書留」には;
 五月雨の 滝降りうづむ みかさ哉



十念寺門前
十念寺門前

芭蕉と曽良は須賀川には7泊8日滞在し、その間4月28日この十念寺に参拝したことが曽良の随行日記に記されている。本堂初め墓地などに3.11大震災で大変な傷跡がまだ改修されずに残っていた。

十念寺案内板
十念寺案内板

十念寺の門を入った右側に寺の案内板があり、境内には地元俳人市原多代女が建てた芭蕉の句碑や東京オリンピックのマラソン銅メタリストの円谷幸吉の墓地があることなど記されていた。

芭蕉の巨大な句碑
芭蕉の巨大な句碑

十念寺の門を入って右側に畳1畳ほどの大きな句碑が建っていた。須賀川の女流俳人・市原多代女(1776~1865)が建てた芭蕉句碑。

   風流の 初やおくの 田植うた


市原多代女の辞世の句碑
市原多代女の辞世の句碑

芭蕉の句碑を建てた須賀川女流俳人・市原多代女自身の九十歳でなくなる直前の辞世の句碑が芭蕉の句碑の向側に建っていた。

終に行く道はいづくぞ花の道 多代女


須賀川城址
須賀川城址

現在の二階堂神社の拝殿の辺りに須賀川城址の本丸があったと言われています。

諏訪神社の奥の細道碑
諏訪神社の奥の細道碑

曽良随行日記に4月28日諏訪明神に参詣したと記されており、境内に奥の細道碑がある。

長松院の山門
長松院の山門

長松院は相楽等躬の菩提樹であった。この寺院の本堂も3.11の大震災で大きな痛手を受けていた。

相楽等躬の句碑
相楽等躬の句碑

長松院の本堂前の左側に建つ相楽等躬の句碑
  あの辺は つくば山かな 炭けぶり
                  等躬


等躬の墓
等躬の墓

長松院の裏手に相楽家の墓地があった。等躬と奥方の墓は真ん中にある。

芭蕉と曽良の石像
芭蕉と曽良の石像

本町交差点にある芭蕉と曽良の微笑ましい石像。この交差点は須賀川の中心だ。

等躬の邸宅跡
等躬の邸宅跡

町の有力者であった等躬の邸宅は須賀川市街の中心地にあり、その邸宅跡は今はNTTのビルになっていた。

軒の栗庭園
軒の栗庭園

 

軒の栗庭園は可伸庵跡近くに設けられた小公園で、その敷地内に相楽等躬の石像が建っていた。

可伸庵跡
 可伸庵跡

芭蕉は須賀川滞在中この可伸庵を訪ねて連歌会を開いている。可伸は等躬の屋敷の一隅に庵を結んで隠棲したと伝えられる僧。

可伸庵跡の芭蕉句碑
 可伸庵跡の芭蕉句碑

  隠れ家や目に立たぬ花を軒の栗
この句は奥の細道の須賀川の段にある句の初案とみられている。


須賀川市芭蕉記念館
 須賀川市芭蕉記念館

芭蕉と曽良が須賀川を訪ねてから300年になるのを記念して、平成元年に八幡神社跡に建てられた芭蕉に関する資料館。

芭蕉記念館の内部
 芭蕉記念館の内部

館内には芭蕉の姿を題材とした書画などが展示されていた。学芸員から須賀川での芭蕉の行動などの説明があった。

乙字ヶ滝
 乙字ヶ滝

那須高原に源を発する阿武隈川唯一の滝で,

芭蕉と曽良は等躬宅を辞して郡山に向かう途上にこの滝を訪れている。

乙字ヶ滝の畔に建つ芭蕉句碑
 乙字ヶ滝の畔に建つ芭蕉句碑

 さみだれの 滝降りうづむ みかさ哉
これは曽良の「俳諧書留」に書かれたもの。但し上五が「さみだれの」に変化している。

白河の関から須賀川へのルート地図

地図は拡大・縮小出来ます。ドラッグして移動も出来ます。地形図指定で3D表示も出来ます。

青線は筆者の辿ったルート。赤線は芭蕉一行が辿ったルートです。

▲このページのトップへ