初日の午後:学生時代お世話になった切久保部落を訪れた

写真をクリックすると、拡大写真が現れ、 「next」ボタンでスライド・ショウにして見ることも出来ます。


スキー場のゴンドラ乗り口

岩岳のゴンドラに乗る

岩岳のゴンドラに乗る
  

岩岳のゴンドラに乗る
  

眼下に切久保部落
 

ロープウェイ頂上駅
 

展望台から臨む白馬連山
 

展望台から臨む白馬不帰の嶮

霧の中の白馬岳山頂
 

展望台から臨む八方尾根
 

ゴンドラ頂上駅に戻る
 

ゴンドラから下る
 

ゴンドラから俯瞰する村
 

ゴンドラから俯瞰する村々
 

切久保部落に降りてくる

切久保部落に降りてくる

部落を通る塩の道
 

塩の道の道標
 

部落の諏訪神社
 

思い出の茅葺家屋
 

思い出の茅葺家屋
 

民宿スコーレ白馬

民宿スコーレ白馬

その夜のホテルでの夕食

切久保部落は今から50数年前の学生時代最後の夏約1か月をお世話になった思い出の地であります。
その後、その地を訪れる機会がなく今日に至りましたが、人生も愈々終盤に差し掛かり、当時お世話になった人々や部落の様子を知りたくなって 今回の白馬村の旅になりました。
当然のことながら、上のスライドに示した通り思い出の人々の多くはこの世から去っていましたし、部落の様相も大分変わっていました。
当時多く見かけた茅葺屋根の農家も殆ど影を潜めていました。一人用リフト1基だけであった西山スキー場にはロープウェイが岩岳山の頂上まで伸びて、頂上の展望台から白馬連山が真向かいに臨めるようになっていました。唯一当時の面影を残していたものは諏訪神社と塩の道の道標の佇まいでして。


カシミール3Dでシミュレーションしたガスのかかっていない岩岳山頂からの白馬連山を臨む写真

▲このページのトップへ